くずゆにっき
★整体師のブログ★
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/07/22 [Tue] 01:53:57 » E d i t
先日、特殊電子療法を週に3,4回のペースで受けられている女性の方が、
特にダイエットをやっているわけでもなく、生活スタイルや食事も変わっていないのに、
3kg痩せました!とのご報告がありました。


今まで、現実逃避で体重計に乗るのを極力避けていたらしいのですが、
ある日、何の気なしに計ってみたら体重が落ちていて、
「まさか、この電気がダイエット効果まであるとは思いませんでした」
とビックリされていました。


おそらく、新陳代謝が活発になって老廃物が出て、
体質改善された結果だと思われます。



ちなみに、ダイエットをもくろんでいる方は、まずは間食・夜食はやめることです。
間食の欲求はウソの食欲なので、惑わされないで下さい。


人間が空腹感を感じるのは、胃の中に物があるかないかではなく、
血糖値によって脳が判断しています。


血糖値が下がってくると空腹を感じます。
何も食べなければ、グリコーゲンが糖に変えられ消費されます。
グリコーゲンがなくなれば、脂肪が分解されて使われ、
再び血糖値が上昇し、空腹感はおさまります。


つまり、食と食の間にお腹が空いたからといって、おやつやジュースに手を出していたら、
蓄えられていた脂肪が分解される機会がなくなります。


痩せにくい肥満体質の人が、いつも傍にお菓子を置いていたり、飴を舐めたりしていると、
血糖値が下がった時に、すぐに糖分を補ってしまう形になり、
脂肪が使われることがありません。
つまり、一生太ったまま、という結果になります。


本気でダイエットを頑張りたいならば、間食・夜食を控えるのは基本です。
どうしても、食べたい時は、昼・夜の食事前に少しだけ、甘いものなら特に。
食前に食べれば、最初に血糖値が上がるので、
食事自体の量を減らすのに役立ちます。
食べすぎない自信があるなら、食後でもOKですよ。
080716_1024~01

いつもありがとうございます。



スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
半日断食 
2008/07/19 [Sat] 00:51:52 » E d i t
今日は、毎日特殊電子療法を受けに来られているお婆ちゃんからトマトを頂きました。
夜ご飯は、それと冷やし中華でツルツルと。
夏の冷やしトマトは格別です。

しかし、皆さん、なんでこんな優しいんでしょうか・・・。
独り身の不憫さを気遣ってくれているのでしょうか・・・(汗)
とにかく、毎度毎度感謝です。



さて。
前回、僕が痩せてきた話を中途半端にしましたが、
今回は、そのさわりの部分をお話します。


不健康な人は健康に、健康な人は更に健康になり、
ダイエット効果もある究極の健康法。


それは・・・「朝食を抜くこと」です。


意外ですか?・・・ですよね。
ほとんどの人が幼少の頃から、朝食を食べないと元気が出ない、体に悪い、頭もぼーっとする、
などと言われて、それを信じ込み、食欲がなくても無理やり詰め込んできて、
1日3回食べることが、現代の食生活の常識となっていますから。


しかし、我々が朝食をとるという行為は、体の要求からくるものではなく
「朝食をとらないと体に悪い」という強迫観念と、昔からの習慣によって、
朝になると条件反射で朝食を食べたくなっているだけなのです。


結論から申しますと、朝食を抜くとどうなるか。


★健康な状態で長生きが約束されます。
★朝起きるときや、日中の原因不明の疲れ、慢性的な疲労感などが
ウソのように解消されます。
★スタミナがつきます。
★太っている人も、痩せている人も適正体重になります。
★腸内細菌のバランスがよくなります。
★活性酸素を減らし、ガンが予防できます。
★狂牛病も予防できます。
★免疫力がアップします。


とまぁ、まだまだありますが、ウソみたいな本当の話がオンパレード。
難病が治った事例も数多くあります。


厳密には、朝食抜きの「少食」にすることが条件です。
要は、食べすぎがいけない。
腹八分目、七分目ですませることが重要です。


こう見えて、僕は食べることが何より大好きで、大食いな方だから、
この事実を知った時はショックでした。
でも、知った以上は、試さないわけにはいかないので、今、実践しています。


ちなみに、この方法、不向きな人もいます。
胃下垂の人、心臓病、不整脈、十二指腸潰瘍の人。
上記の方はドクターと相談した上で行って下さい。
(西洋栄養学と西洋医学で頭がガチガチの人に相談しても無意味ですよ)



それでは、なぜ1日3食がよくないのでしょうか。



人間の体が食事を完全に消化吸収、排泄し終えるまで、18時間かかります。
ですから、1日に1度、食事の間隔をこの18時間分あけないと、
内蔵は24時間つねに活動し続けることになる。


夜6時に夕食をとったとし、翌朝7時か8時くらいの朝食をとる時は、
体は排泄処理の真っ最中なわけです。
体が排泄に全力をあげなければならない時間に、
もう次の消化吸収を始めなければいけない。
その事が体にとっては負担になるわけです。


食事と食事の間を1日1回18時間空ける。
1日1回内臓を休ませることが重要なのです。
それには朝食を抜くのがベストなんです。



「1日3食食べる人=死ぬまで内臓を休ませない人」



寿命に大きく影響することが、少しご理解いただけるのではないでしょうか。


ざっと簡単にお話しましたが、これ、いわば半日断食です。
デトックス効果(毒出し)は半端じゃありません。


論より証拠。
やった人にしか分かりません。


朝食を食べなれていた人は、最初はお腹が空くと思いますが、
すぐ慣れます。
頭がボーっとしたら、それは朝食を抜いたことが悪かったのではなく、
普段の生活習慣が一時的に乱れ、体が混乱したことによるものです。



脳は100%ブドウ糖で働いていますが、
ブドウ糖が足りなければ体内の老廃物のひとつである β(ベータ)ヒドロキシ酪酸を
代替エネルギーとして使用するので大丈夫です。



朝は、朝食を抜く代わりに、水か柿の葉茶を500ml。もしくは、野菜ジュース180mlを
飲みます。



興味のある方は、下記の本に詳しく書かれていますので、是非ご一読ください。



"長生きしたければ朝食は抜きなさい?体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは (KAWADE夢新書)"
東 茂由; 新書; ¥ 700


"奇跡が起こる半日断食?朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)"
甲田 光雄; 単行本; ¥ 1,470



長文を最後までお読みいただきありがとうございました。
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
究極のダイエット? 
2008/07/17 [Thu] 01:40:04 » E d i t
昨日は、前回お話したMさんから、いなり寿司と塩漬けのキュウリとミニトマトを頂きました。
ミニトマトはとても甘くて、塩漬けキュウリはおいなりさんの甘さに丁度あい、
仕事終わりの空きっ腹に、染み渡る美味さで、
れいのごとく「ありがたいなぁ、ありがたい」とつぶやきながら
一つ、二つと噛み締めていました。


ところで、最近、僕の体重がえらく落ちております。
ダイエットしているわけではありませんが、
結果的には強力なダイエット効果がある、ある健康法を実践している結果、体重まで落ちてしまったのです。
昨日、ウエストを測ったら73センチしかありませんでした。
個人的には太りたかったんで、ちょっと困ってはいますが。。。


一体何やってんのか気になります?


しかし、眠気が限界にきておりますゆえ、
今日のところは、これにて・・・。
す、す、、、すまねぇ、、、。

080715_1012~01
↑整体仲間の櫻井さんから頂いた胡蝶蘭。
2度目の花がついに満開になりました。


いつもありがとうございます。
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
不思議体験 
2008/07/15 [Tue] 01:13:23 » E d i t
先週の土曜日は、いつも来られている患者さんから、
自家製の鮭の西京漬けと、
キュウリの中華風漬物をいただきました。
もちろん、夕飯はそれをおかずにモリモリ。
ひっじょ~~~においしゅうございました。
家庭の味に飢えている僕としては、こういうのはたまりません。
ありがとうございました。


正直、コンビニのお惣菜や弁当は、防腐剤と添加物の味が分かってしまうんで、
健康をお伝えしている立場としては、極力口にしたくはありません。
自慢じゃないですが、味覚には自信があります。


さてさて。
今日は、施術中ちょっと驚いた事がありました。


週2回のペースで整体を受けられている患者さん(I さん)が、
今日、妹さん(Mさん)を連れて特殊電子療法を受けに来院されました。
I さんもMさんも、自然体でとても感じの良いご姉妹。



Mさんは、特殊電子療法の後に「美手(ヴィッシュ)全身コース」も受けていかれました。



美手というのは、当院で行っているエネルギー療法の一つです。
施術の最後の仕上げにエネルギーを注入するんですが、
Mさんに美手エネルギーを施しているまさにその時、


「先生、これ霊気ですか!?」
「先生の手が熱くなってきました。木の幹みたいなのが見えます。光が差してきて、
その光の周りを5つ位の光が取り巻いているのが見えます。」



と言って、それを吸収するかの様に、深く何度も深呼吸しておられました。



何が驚いたって、それは、まぎれもなく僕がイメージした通りの絵面だったのです。



光のエネルギーが僕の脳天を突き抜け、
僕の体全身をフィルターにして、エネルギーが手から発せられる姿をイメージしていたので、
それがMさんには木の幹のように見えたんだと思います。



施術後はみごと首の痛みも取れ、Mさんは驚いておられました。
僕自身も不思議とすがすがしい気持ちになれました。
見える人は見えるもんなんですねぇ。
ある意味、次回の施術が楽しみです。



いつもありがとうございます。

未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/07/09 [Wed] 23:29:24 » E d i t
昨日の日記、あまりの眠気に意識朦朧としていたため、
肝心な事を書き忘れていました。


「感謝」の心です。


生きていても良いことがない、と思うのは、
感謝の心を失っているせいだと僕は気付きました。
なぜなら、昔、僕は人生に対して悲観していた時期があったからです。


五体満足に毎朝起きられて、歩けて、手足が動き、ご飯も食べられ、
人と話すことができ、目も耳も不自由なく、仕事もさせてもらえる。


これだけでも、どれだけありがたいことか。
今日も無事に1日を終えることができた。
それだけでも、とてもありがたいことです。


悪い事ばかり、自分の思い通りにならない事ばかりに目を向けていると
間違いなく捻くれて卑屈になっていきます。


どんな些細なことでもいい、必ず周りを見渡せたば感謝できることがあります。
Tさんにはそれに気付いてほしい。
そうすれば、生きる楽しみが自然と見出せるはずなんです。


どうせ頑固に通すならば、Mさんのように前向きに笑って生きられた方が得ですよね。
だから、僕もその様に、できる限りその様に生きていれば、
多くを語る必要もなく、周りも変わってくるんじゃないかと思ったわけです。



と、昨日はこんな感じで話をまとめるつもりでした。



ありがとうございました!
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
人間は習慣の動物 
2008/07/09 [Wed] 02:08:00 » E d i t
今日も患者さんから取れ立てのキュウリとナスを頂きました。
農家の方なので、いつもくれる野菜は新鮮です。
トマトや枝豆、どれもスーパーのとは比べ物にならないくらい美味しいんですよ。
野菜本来の味を味わえます。
なんてお礼を言っていいのやら・・・。っていっても、
「ありがとうございます」としか言えないんですけど、、、。
それ以上の言葉があればなぁ。


んー・・・。
言葉はくどくど言うもんじゃないな。
言えば言うほどうそ臭くなる時あるもんな。
やっぱり「ありがとう」以上の言葉はないから
別の形で感謝の気持ちを表す方がいいな。



そう、感謝。
何事も感謝の気持ちが大事だってことを、
年を重ねるに連れて、ようやく分かるようになってきました。




当院に来られている70代後半のTさんは、言葉数が少なく、
喜怒哀楽を表に出せない方。
口をついて出る言葉は、いつも悲観的です。。。


「長生きしたって、良いことなんてないんだから」


そう言われることも珍しくありません。


咄嗟に出た僕の答えは
「そんな事ないですよ!そんな風に思ったら人生つまらないじゃないですか」


それ以上は何も出て来ず、言葉に詰まりました。
例え悲観的でも、自分より何十年も長く生きていらっしゃる方が出した答えに
「そんな事ない」と言い切るには、自分はあまりに若輩すぎて説得力がない。



Tさんとは正反対の、85歳のMさんは、常に前向きの楽観主義者。
よく笑い、よく喋り、表情も豊かで、とてもお元気です。



Mさんが言うと説得力あるから、今度、他の患者さんがいる前で
語って下さい、とお願いすると
「ダメ。そういう人に言っても聞く耳持たないから。」
と諦め加減に、半ば突き放したような答えが返ってきました。



人間は習慣の動物だということを、その時、ふと感じました。
多かれ少なかれ、暗く沈んだ人生を60年70年と歩んできた人は、
負の考え方が根付いてしまっている。
習慣化しているんです。
もちろん、逆も然り。



TさんとMさんは陰と陽で両極端ですが、
お二人に共通していることは、頑固であること。
そこに僕が介入する余地はなく、
そうすることもベストだと思っていません。



上手くは言えませんが、
人生に関して、人に多くを語るよりも、
自分が今をどう生きているか、
そこに焦点を当てていれば、
自ずと人も変わってくるんじゃないかと
思います。


<おまけコーナー>

ニヤケ顔の正岡子規↓
080707_1927~01


いつもご覧いただきありがとうございます。




未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
物価高から 
2008/07/07 [Mon] 01:28:31 » E d i t
昨日は、患者さんから泥つき大根を頂きました。
茹でて味噌をつけて食べたら、非常に美味しかったです。
いつも感謝感激です。


ところで、石油の高騰で食べ物も物価上昇していますが、
ある意味、これは食のありがたさを考え直すチャンスではないかと思うのです。


賞味期限切れのコンビニの商品が、毎日大量に廃棄されています。
品薄のコンビニだと売れないから、陳列棚には売れずとも多めに置かれている。
返品を見越してるわけですよね。
まだ食べられる果物がバンバン捨てられていくシーンをテレビで見た時、
遣る瀬無い気持ちになりました。


家畜のエサに再利用している業者もわずかにあるようですが、
根本的な解決にはなっていない気がして、
なんか納得いきません。


学校給食も毎日のように食べ残しがあるようです。


あれが嫌い、これが嫌いと、
子供達が食べ残すことを当然のように容認する親御さんがいますが、
正直、嘆かわしく思います。


食べ物のありがたみを教えられる親が、今、どれくらいいるのでしょうか。
それ以前に、今の親は悪さをした我が子を叱れない。
何度も身近に目の当たりにして、この国の行く末を案じました。
モンスターペアレントに育てられた子供は、
将来、どんな大人になっていくんでしょうか・・・。



最後までお読みいただきありがとうございました。

未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
肉は健康を害する? 
2008/07/03 [Thu] 00:21:21 » E d i t
今日は、患者さんから茹でたトウモロコシをいただきました~。
この前も頂いたんですが、前回同様甘くて美味しかったです。


先日は、別の患者さんから獲れ立ての枝豆やキュウリ、スナックエンドウ豆、
別の方からどら焼き、また別の方から和菓子色々、
また別の方からはもろみ味噌、また別の方からはパンを、
ほんと沢山の患者さんから頂いております。
皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。



それでは。
今日の本題。


あなたは肉好きですか?
僕は大好きです。
でも、ここしばらく努めて食べていません。
肉絶ちしています。
なぜか。


実は、肉を食べると。。。


スタミナが落ちます。
消化に時間がかかるため腐敗便が発生しやすくなります。
悪玉菌が増殖するため生活習慣病になりやすくなります。
身体が老化しやすくなります。
血液がドロドロ化しやすくなります。
加齢臭の元になります。
体臭、口臭が発生します。
腐敗便がたまりやすくなります。
性格が攻撃的になります。


「スタミナつけるなら焼肉でしょ!」
「肉食べなきゃ栄養つかないよ!」
「肉は貴重なたんぱく源だ!」
そう思っていた人がほとんどだと思いますが、
それは宣伝と間違った栄養学による思い込みです。


実際のところ、
肉からは効率よくたんぱく質は摂れません。
焼くとたんぱく質の元のアミノ酸が壊れてしまうのです。
それに、動物性たんぱく質は一度分解してから、
人間のたんぱく質に合成する必要があり、
体に負担がかかります。
消化するのに時間もかかり、エネルギーを消耗します。
それで疲労の原因になるわけです。


肉にしみ込んだ老廃物は、ほとんどが尿素と尿酸です。
残念な話ですが、オイシイ肉汁には、この老廃物が含まれています。


怖いのは、病気で成仏した食用家畜は解体され
肉骨粉として家畜やペットの飼料になります。
その食用家畜は、また我々の口の中に運ばれるわけです。


まだまだ恐ろしい話があるんですが、
こういう事実を知ってしまった以上、
僕は率先して食べようとは思わなくなりました。
いくら美味しいとはいえ、リスクを背負ってまで食べたくはない。
(でも、根付いた習慣のせいで、たまに食べたくなりますが…)


詰まる所、肉を筆頭に動物性食品全般が、人間には適さないということに
つながるわけですが、美味追求のための人間のエゴが生み出した
食文化は、人体を蝕んでいくハメになると思います。
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。