くずゆにっき
★整体師のブログ★
02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/03/29 [Sun] 22:19:57 » E d i t

僕は社交辞令は好きではありません。
例えば、「今度飲みに行きましょう」とか「近いうち会いましょう」など
「今度○○しよう」というような言い方をすると、
実現しない確立が非常に高いからです。

なので、「今度て、いつやねん!」と疑問に思う僕は、
即座に「じゃあ、何日どう?」って聞くと、
だいたいの人は軽く動揺します・・・。


仮に、自分がどうしても行きたい場所や、コンサート等があったとしたら、
先に押さえません?
その後に、スケジュール調整しませんか?
まぁ、ケースバイケースかもしれないけど。

なんちゅーか、
本当にその気があるものならば、
後回しにはしないだろう、と考えるのは早計でしょうか?


もちろん、人によって優先順位は違うでしょうけど、
それにしたって、その場で「おぉ~~!いいね~!いこいこ!やろやろ!」と
盛り上がっておきながら、結局、話だけで流れてしまうのは、
本気の人をもてあそんでいるみたいで、
僕的には本意ではありません。


そんな社交辞令なんて必要ない!


とまで言ってしまうと、

「話に乗らざるをえないその場の空気とかもあるし、そういうわけにはいかないよ」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。


そうなんですよねぇ。。。
日本特有なのでしょうか、
空気の読めない人って、煙たがられますからねぇ。


僕の場合、気乗りしない事柄に関しては、
比較的その場で断るタイプだから、
逆に、ノリノリの態度を見せられれば、
そのまんま受け取ります。


もしかすると、人は、性質上、
話が具体的になってくると、
最初は逃げたくなる生き物なのかも?


とりあえず、僕に社交辞令は無用です。
結構、信じてしまう質なんで、よろすこ!


最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
寄り処 ほんむら 
2009/03/28 [Sat] 01:29:58 » E d i t

今日は、僕が夜ご飯を食べによく行くお店をご紹介致します。


店名は「ほんむら」


居酒屋さんですが、看板には「寄り処」と書かれているため、
ご飯目的の方でも入れます。


ただし、地域密着型のお店なので、よその人が初めて一人で入る時は抵抗あるかもしれません。
でも、一回行けばすぐ馴染める居心地の良いお店です。
地元のお客さん達も良い方ばかり。


混んでることが多くて、入れないこともしばしば。
人気の秘密は、値段の安さと料理がボリューミーで美味しいこと!
日替わりメニューも豊富で、
どれ食べてもハズレがありません。


といっても、僕はいつも定食食べて、そそくさと帰るので、
全品制覇にはまだまだ至りませんが、
腕の良いマスターのこと、きっと期待を裏切らないと思います。


下のは、ある日の定食メニューです。↓
090326_1917~01
この日のおすすめは「豚ばらと春キャベツの味噌炒め」でした。
僕はそれを定食にしてもらいました。
メインの料理を一つ選び、
プラス200円で「ご飯」「味噌汁」「お新香」「日替わりの小鉢」が付くという、このお得感!
どや!?行きたなったやろ?


↓本日のおすすめが、店外、店内ともに貼り出されています。
090326_1941~01


ちなみに、料理メニューは和洋中何でもあり。
野菜たっぷりのタンメンや、
チャーハンが安くてウマい!


マスターの笑顔に癒されます。
090326_1916~01


皆様、喜多見にお越しの際は、是非一度お立ち寄り下さいませ。
090326_1941~02
店名:「寄り処 ほんむら」
場所:「整体院くずゆ」からすぐ近く。知行院の隣。
※当院にご来院頂いている自転車ネット通販「リビージャパン」の
川越店長のブログにもほんむらのことが書かれています↓
http://libbyjapan.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/01/compton_a8ed.html


最後までお読み頂きありがとうございました。

ほな、また明日!
バイボ~!
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/03/27 [Fri] 01:54:59 » E d i t

整体師というのは、患者さんの心を診る仕事でもあります。
相手の心を診るのに、自分の心がくすんでいては、
この仕事はやっていけないです。


僕は、この仕事をやる前と比べたら、随分と心が浄化されてきました。
(もちろん、まだまだですけど)
それだけ、前の自分は汚れていたってことですね(笑)

そのせいか、どれだけ容姿端麗な人に会っても、
逆に、容姿にひどくコンプレックスを持っている人であっても、
目の奥に潜む美しさや淀みを探して、心を凝視しようとします。


心の動きは、顔の表情、
目つきや言葉の選び方に、もろに表われる。
怒りや不満は顔にバッテンを生み、
愛や感謝はマルを描く。


どうせならば、顔にバッテンじゃなくて、マルを作ろう。
心がキレイになれば、マルもできてくるんでしょうけど、
そんなすぐには・・・という方は、
まず、表に表われているものからキレイにしていくといいかも。
つまりそれは、言わずもがな、
できるだけニコニコして、
他人を嫌うような事を言わず、
感謝して日々過ごす。


最初は無理してるな~って感じるかもしれないけど、
だんだん、それが常になってくる。
そうすればしめたもの。


いつも穏やかでいる事は、簡単にはいかないけれど、
穏やかでいようとしていれば、
自然とそうなっていくよ。


さっきから偉そうなこと言ってますけど、
僕も荒んでいた頃があったんすよ。
だから、荒んだ人の気持ちも分かるし、
それを浄化していくすべも、僕なりに見つけました。


愛と感謝。
それは間違いなく
人を良い方向に導いてくれる。


※今日から3日連チャンで日記アップします。

未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
価値観の違い? 
2009/03/23 [Mon] 23:59:59 » E d i t

いつもご覧いただきありがとうございます。


先日、患者さんから、手作り五目おむすびと、
栗饅頭を頂きました。
「こんなに美味しいものなら、毎日でももらいたい…」
と、どこまでも厚かましい心情を抱きながら、
ありがたく食べさせて頂きました。


そして、独り身の僕を不憫に思ってか、
「夕飯食べに来ませんか?」
と言ってくださる患者さんもいらっしゃいまして、
実は最近、図々しくも、そのご厚意に甘え、
およばれに行ったりなんかもしております(^^;)


何が嬉しいって、お邪魔すると笑顔で出迎えてくれるのですよ。。。
その瞬間思わず「ただいま~」と言いそうになります。
家庭料理という名の愛に、飢えに飢え切った僕にとっては、
もう何もかもが美味すぎて、会話もはずみ、

「あぁ、いっそこのままこの家に住みついてしまいたい…」
と思ってしまう程、
居心地の良さと、家族の温かさに酔いしれます。



話違いますけど、僕が毎日通っているフィットネスクラブには、
お風呂場も完備されていて、
毎日、トレーニングが終わったら利用させてもらってるんですが。

湯船につかりながら、人間ウォッチングしてると面白いことに、
人によって、ボディソープを使う量が全然違うんです。
あたりまえっちゃ、あたりまえかもしれませんが、
でも、見たことないですか?
そこまで使わな泡たたんか?っていうぐらい、
プッシュ式のボディソープをプッシュしまくる人。

これ大袈裟じゃなくて、僕が6プッシュなら、
この前見た人は、その10倍以上プッシュしてました。
価値観や生活観の違いなんでしょうか。


人は、それぞれが違う環境で育ってきたわけだから、
個々人の価値観が違ってあたりまえ。


結婚したこともない僕が言うのも何ですけど、
例えば、離婚した原因に「価値観の違い」とか言う人がいます。
それって本当の理由なのかな?と。
そして、本心ならば、どうして、なんのために結婚したのかな?と。


時に、一人って、面倒くさいことから逃れることができて楽だけど、
楽の代償は大きい。
楽なまんまの人生などありえないのだから。

“自分自分”で生きぬける程、人は強くはない。


あなたに幸あれ。

未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/03/22 [Sun] 23:43:21 » E d i t
あなたが年齢を感じる瞬間て、どういう時ですか?

若い頃は、難なくやれていた動作がキツくなった・・・
新しいことにチャレンジする意欲がなくなってきた・・・
集中力や根気がなくなってきた・・・
出かけることが面倒になってきた・・・


と、まぁ思い当たる節は色々あると思いますが。


僕的には、他人と自分の笑いのツボが変わってきた時、
年齢差を感じずにはいられません。
自分より年上年下、どちらに対してもいえることです。


例えば、中高年の方が爆笑しているネタに、若者は全く無反応であるとか、
逆に、若者が「ウケる~」と言っているネタには、おばさま方はピクリとも反応しない。
僕とて、小さい頃、ウケていた漫才やコントが、今は面白みを感じません。
でも、僕よりずっと年上の方達は、相変わらず爆笑している。
それがいいか悪いかの話ではありません。


お年寄りが「笑っちゃうのよ」と言いながら、楽しげに笑い話をされる時、
笑うタイミングとツボの違いに当惑することは珍しくありません。


にこやかに話をされているのを見ると、こちらも気分は良いのですが、
腹の底から笑えないと、「あぁ、自分はまだ若いんだ」とか思ったりします。


そう思うと、最近のテレビ番組のお笑いレベルが低くなってきたと感じるのは、
僕が年を取ってしまったからか・・・?
10代の子達のウケる話についていけないのは、
そのせいなのか・・・?
かといって、迎合するかのように若ぶって
「それ、めちゃウケるぅ~!きゃははは♪」と、笑えるもんでもありません。
というか、わろてる自分はきしょいです。


毎日、笑えてますか?




いつもありがとうございます。

※最近、ホームページちょこちょこ再構築、更新してます。


<おまけ挿絵集>

(朝夕の身長の違いについて)
090303_1845~01

(ビール腹について)
090306_0933~01

(のど仏の呼び名の違いについて)
090311_1001~01

(のどちんこの役割について)
090312_0937~01

(こぶについて)
090316_0942~01

(雷が鳴ると何故へそを隠すのか?)
090317_0959~01

(やけどの九九の法則について)
090321_1924~01

(へそについて)
090321_0919~01
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
辰吉丈一郎と名前 
2009/03/18 [Wed] 00:39:28 » E d i t

昔から、ボクサーの辰吉丈一郎の試合っぷりをテレビで観るたび
感涙にむせぶ福山です。

挫折を繰り返し、倒れても倒れても這い上がる不屈の精神に
強烈に感化されます。
自然と自分の半生と重ね合わせて観てしまう。
気付けば、辰吉がんばれ、辰吉がんばれ、、、と心で叫びながら、
自分に対してエールを送っている、
今までの悔しかった出来事がよみがえり、
それでまた涙が出てくる、という、
なんとも不思議な感覚に心が揺さぶられます。



話は変わりますが、
うちの親は、バックとかジャンパーとかの私物に
何でも名前を書く習慣があります。
失くした時のことを考えてです。
僕が小さい頃は、それについては良いことだと思っていました。

しかし、思春期を境に、友達に
「おまえ、なに名前書いてんねん」て笑われ始めてから、
なんでも名前が書かれていることが、
恥ずかしいと思うようになりました。


自転車にも必ず「福山」と、
雨にも負けないインクで親父は書きました。
それはだんだんエスカレートしてゆき、
しまいには「フクヤマ」と掘り込んだ輪っか状の鉄を、自転車に溶接していました。
(父は鉄工所で仕事をしていたので、そういうのはワケないのです)

「これやったら誰も盗まんやろ、ハハハハ!」と、親父は"どや顔″で笑っていました。
その時は僕も共感したし、不恰好だったけど、
ネタになると面白がってました。


しかし、のちに、その自転車は盗まれました。


がしかし、どこかに乗り捨てられていたのを発見した親切な方が、警察に連絡してくれて、
何ヶ月か後に僕のもとに戻ってきました。

父は「ほらみてみ!名前を彫っといたおかげやろ!ハハハハ!」と、
れいによって、どや顔をかましていました。


僕は、小さい頃から、よく物を失くすんで、両親のそういう取り計らいに、
ある意味、感謝はしているんですけど、
今更、いい大人が、いちいち私物に名前を書いていては、
どんだけ用心深いんだ、と思われる。
それ以前に、カッコ悪い。


この前の日記で、最近、フィットネスクラブに通っているとお話しましたけど、
スポーツバックを持っていなかったんで、
代わりに、昔、実家から持ってきたバックを使ってるんですよ。

なんと、それヴィトンです。
そのヴィトン、よく見ると、端っこに名前書いてありました。

「うわぁ・・・こんなブランド物にまで・・・」と、さすがに絶句しました。



え~い、こうなったら、福山ここにあり!という構えで生きていってやるー!



いつも見て頂いてありがとうございます。

未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
長年の首痛が・・・! 
2009/03/16 [Mon] 02:05:50 » E d i t

先日、患者さんからフルーツトマトと、
高菜の漬物と手作りのパンを頂きました。
全部おいしかったんですが、特に美味だったのは手作りの食パン。
何もつけなくてもめちゃめちゃ旨いんです、これが!
聞けば、機械を使わず全て手作りということで、
やっぱり、手間と時間をかけたものは、それ相応の味に仕上がるんですねー。
いつも大感謝です。



嬉しかったことがありました。


当院の整体であるヴィッシュを受けられた50代女性のSさんから、一昨日、
「何十年も治らなかった首の痛みが、この前施術を受けた翌日、翌々日とも
すごくラクになってたんです!もう嬉しくて!」
と、ご報告頂きました。

Sさんは、首痛以外にも、様々な症状を抱えてらっしゃるのですが、
特殊電子療法と併用すれば、
すべてが加速的に良くなっていくと僕は確信しています。


治りがいい人とそうでない人というのは、
カウンセリングの段階や施術中に見当がつくのですが、
少なくとも、心を閉ざした状態では良くなるものも、なりません。


施術中、安心して全てを委ねてもらえるように、
治療家としての心配りをしていかねばと思っています。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!



※徐々にお笑いも入れていきます。



未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
ホットハンド 
2009/03/11 [Wed] 02:09:49 » E d i t

先日、香川県にある整体院(バランス整体院「ホットハンド」→http://www10.ocn.ne.jp/~hothand/)
の院長、奥様、娘さんがお見えになりました。

以前、患者さんをご紹介頂き、それからお付き合いさせて頂いておりまして、
今回、わざわざ当院に立ち寄ってくれたのです。
感謝感激でした。


香川で身体を良くしたい方は、是非、バランス整体院「ホットハンド」にGO~!
人柄の良い院長先生と奥様が明るくお出迎えしてくれるはずです。


ところで。
最近、毎日フィットネスクラブに通っておりまして、
仕事が終わった後、精神鍛錬もふまえて肉体を鍛え、汗を流しに出向いております。
風呂も完備されていて、とてもリーズナブル。
活気に溢れている空間だから、気分転換にもなります。
一人で部屋にいたくないってのもありますから・・・。


前回の日記でも触れましたが。


何故、この時期、このタイミングで、
心引き裂かれる出来事が自分に降りかかったんだろうと
考えました。


目に見えぬ何らかの偉大な存在が、
僕に痛みを与えることで、何かを気付かせようとしている。
この仕事をしていく上で、受けなければならなかったものなのか…
それとも、成長するための仕打ちなのか、
それとも、先で待っている明るい未来を得るためには
通過せざるをえない事だったのか、などと。


これまでも波乱万丈の人生でした。
結構、いろんな痛みを受けて参りました。
心の痛みって計り知れないです。
そうじゃないですか?


正直「まだ足りひんのか?」と、神様に文句言いたいくらい。
でも、これは何か気付きがあり、意味のあることなのだ、と。
考えようによっては、人生、すべてプラスに置き換えることができるはずだ。


一人より二人、
憎しみよりも愛、
恨みよりも感謝を、
抱いて生きてゆければ、
きっと悲しみなど、なくなるのだろう。

僕は笑っていたい。


いつもありがとうございます。
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
心機一転 
2009/03/07 [Sat] 01:56:55 » E d i t
長い間、更新できなくてすみませんでした。
最近、引越しまして、今日、やっとネットが開通しました。
携帯からでもブログはアップできたのですが、
未だに携帯を打つのは慣れず時間がかかるため躊躇ってました。
これからは、今までよりもマメに更新していこうと思ってます。


私事で恐縮ですが、最近、心砕け散るような出来事があり、
この1,2ヶ月の間、無理にでも笑い、自分を奮い立たせる言葉を発しながら、
もがきもがいて過ごしてきました。


自分が立ち上がれない程、精神的に辛く苦しい時、
神様がいて、願いを聞いてくれるのならば、
「誰かを元気づけるための力を僕に下さい」とお願いしたい。


自分は何のために生まれてきたのか。


あなたは考えたことがありますか?


ちょっと前なら、僕は「幸せになるために生まれてきた」などと
漠然と答えていたかもしれません。


誰かの役に立ち、
誰かを幸せにする。
そうすることで、自分が幸せを感じることができたら、
生まれてきた役目は全うできるのではないかと
思います。


悲しみも、幸せも、喜びも、切なさも、
共有されれば報われる。


あなたが悲しい時、同じ思いをしているのはあなた一人じゃない。
あなたが幸せな時、その幸せは誰かと分かち合える。
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。