くずゆにっき
★整体師のブログ★
11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
吸血コウモリに学ぶ 
2009/12/30 [Wed] 09:19:24 » E d i t
今年度、最後の日記となります。

今年は自分にとって転機の年でした。
ツライこと悲しいこと、痛いほど経験しました。
その分、成長できたと思います。

人は1人では生きていけないということを
改めて実感した年でもありました。


吸血コウモリの話をしたいと思います。

実は、彼らは人間よりも人間らしいというか、
実に興味深い習性があるんですよ。

以下は、雑誌「ソトコト」6月号で
青山学院大学教授の福岡伸一氏が書いた
記事の抜粋です。

------------------------------

~中南米の洞窟に集団で生息する吸血コウモリは、
夜間だけ行動し他の動物に食いついて流れ出る血を吸う。

この血が彼らの唯一の食料である。
十分な吸血に成功する個体がいる一方で、
一晩中かかっても満足な収穫がないまま
洞窟に帰らざるを得ない個体もある。

 吸血コウモリは代謝速度が速く、
飢えが2晩以上続くと死ぬ。
洞窟内で吸血コウモリの生態を密かに観察すると
不思議な行動がわかった。

吸血に成功した個体がその血を吐き戻し、
エサにありつけなかった個体に
分け与えているのである。

ここで重要なポイントは、
コウモリは「余剰」を分配しているのではなく、
自分にとってもぎりぎりの栄養を、
あえて分けている点である。

つまり、自らの生存がおびやかされるリスクを覚悟の上で、
今夜、飢え死にするかもしれない仲間を救い、
明日また別のチャンスがめぐってくることに賭けているのだ。

次の夜には彼が獲物を得、その血を誰かに与えるかもしれない。

-------------------------------

どうです?
涙ぐましい行動だと思いませんか?

しかし、実は余談があって、
なかには血をわけ与えないコウモリもいるらしいのです。

「俺にも血をわけてくれよぉ」
「ダメだ。お前になんかあげない」

と無視した場合、

その時に血を分けてもらえなかったコウモリは、
その恨み?を覚えているのか、

次に自分が吸血に成功した際には、
血をくれなかったその時のコウモリには
分け与えないというのです。

なんという人間らしさ・・・(苦笑)

我欲だけで生きていると、
いずれ自分に災難がふりかかった時に、
助けてはもらえないぞ、と
とがめられている気がします。

長い人生、誰でもいい時ばかりではなく、
悪い時期もあります。

我々人間は、助け合って生きていかねば、
所詮1人では生きてはいけないのでしょう。


明日から1/4までお休みをいただきます。

今年1年、ご支援いただいた皆様、
本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: 0  * top △ 
2009/12/12 [Sat] 01:34:29 » E d i t

いつもお読みいただきありがとうございます。

当院では、ホワイトボードを使って
毎日、健康に関する情報や豆知識をご提供しているのですが、
その中でも、食に関するテーマを結構取り上げたりしています。

世の中に蔓延する危険な食べ物をピックアップして、
微力ながら警鐘を鳴らしているのですが、

そのたびに、必ずといっていいほど返ってくる言葉があります。

「そんなこと言ったら食べるものなくなっちゃうよ」

そうなんですよねぇ。
そう言いたくなる気持ちはわかります。

牛乳の害を伝えると、

「そんなこと言ったら飲むものないじゃない。
じゃあ、何飲めばいいの」

んー、そうくるか…。

僕が良くないと言ったのは牛乳だけなんですけどねぇ。。。

たった一つの食品をNGとしただけで、
困り果てた顔して、
そういう極論的な返答がかえってくると、

「いや、体に悪いものと理解した上で、
それでも食べたい、飲みたいって思われるなら、
どうぞご勝手に」

と言うしかなくなるんですよ。

実際は、そんな突き放したことは言いませんが。


ただ、現実問題、ほんとに世の中には
人の健康を考えて作られた食べ物は、
ほとんどないといっていい。

事実、成分表示を見れば、とんでもないものが
入っているのが分かります。
(ひどいのだと健康に良さげなネーミングで)

見るたびガッカリして(あまりにも多くて戦慄さえ走るときもあり)

「くっそぉ、ホンマに食べるもんがあらへん・・・」

とぼやきながら、妥協して、まだマシそうなものを選んで買う日々。

だからといって、
「安くておいしければいいじゃん」と言えますか。

ミートホープのコロッケをまた食べたいなんて
思いませんよね?

はっきり言って、
腐りかけの肉でも、化学調味料や添加物を加えれば
美味しく仕上がります。

これって末恐ろしいことですよ。

このデフレ状態で値下げしまくって、
ちゃんとしたもの出したら採算取れるわけがありません。

消費者の味覚なんていくらでも騙せる技術がありますから、
そこでごまかすしかないでしょう。

我々の体内に入ってから起きる化学反応のことなど、
きっと微塵も考えていないと思います。

加工食品ははなっから疑ってかかって
ちょうどいいくらいだと僕は思ってます。

我々は、間違った常識にとらわれず、
正しい知識を身につけて、
食を選ばないといけません。

安かろう悪かろうの食事では、
後々には病気という形で必ず返ってきます。

少々値がはるものでも、健康を買うつもりで
ちゃんとしたものを食べないと、

結局、あとで痛い目を見るのは自分ですから。

食事は毎日のことです。

あなたの体は、普段あなたが口にしている
食べ物で100%できあがっているんですよ。

病院は「悪くなったらまた来てね」という姿勢で、
あなたが病気になるのを待っているだけ。

今こそ、我々は真剣に予防に取り組むべきです。

その始まりは「食」から。

未分類 *  TB: --  *  CM: 0  * top △ 
老化は避けられる 
2009/12/06 [Sun] 16:44:33 » E d i t
プラシーボ(偽薬)効果というのをご存知でしょうか?

簡単に言うと、薬理作用のないもの(乳糖など)を
「これは痛みによく効きますよ」と言って患者に与えた場合、
本当に痛みがなくなる効果のことです。

これ、単に「信ずる者は救われる」という精神論だけでは
片付けられない事実があります。

実は、痛みがなくなると信じた人の脳内では、
エンケファーリン、ベータエンドルフィン、ジュノロフィンなど
モルヒネの150~200倍の麻薬効果のある物質が
実際につくられているのです。

そして、この鎮痛作用と同様に
自分のことを若いと思い込んでいる人は、
若さを保つセロトニンなどの物質が
多く出ていることが分かっています。

同い年でも老けてみえる人もいれば、
年より全然若くみえる人もいますよね。

「もうおばさん(おじさん)だから」
「もう年だから」
などと年を感じることを言えば言うほど、
脳はその言葉に正確に反応して、
現実のものとするために、どんどん老け込ませていくのです。

つまり、年を感じることを言えば言うほど、
言ったとおりになっていく。

自分で老化を早めることをしてるわけですから、
めちゃくちゃ損です。

年齢にあわせて何かをやめたり始めたりすることは
とてもばかばかしいことです。

最終的には、やはり心の中で自分は若い!
ひいては夢は叶う!と信じることが一番大切になります。

そうすると、体の中で化学反応を起こして
現実化していく。

科学的にも証明されていることなのです。


さて、毎度おなじみ
恒例のホワイトボード挿絵集~!
今回もタイトルなしでいってみたいと思います。

何のテーマかどうしても気になったら
メールください(^^)


091111_0901~01

091112_0907~01

091114_0909~01

091116_0916~01

091125_0907~01

091127_0852~01

091128_0858~01

091203_0908~01

091206_1120~01


今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!
未分類 *  TB: --  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。