くずゆにっき
★整体師のブログ★
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/03/22 [Sun] 23:43:21 » E d i t
あなたが年齢を感じる瞬間て、どういう時ですか?

若い頃は、難なくやれていた動作がキツくなった・・・
新しいことにチャレンジする意欲がなくなってきた・・・
集中力や根気がなくなってきた・・・
出かけることが面倒になってきた・・・


と、まぁ思い当たる節は色々あると思いますが。


僕的には、他人と自分の笑いのツボが変わってきた時、
年齢差を感じずにはいられません。
自分より年上年下、どちらに対してもいえることです。


例えば、中高年の方が爆笑しているネタに、若者は全く無反応であるとか、
逆に、若者が「ウケる~」と言っているネタには、おばさま方はピクリとも反応しない。
僕とて、小さい頃、ウケていた漫才やコントが、今は面白みを感じません。
でも、僕よりずっと年上の方達は、相変わらず爆笑している。
それがいいか悪いかの話ではありません。


お年寄りが「笑っちゃうのよ」と言いながら、楽しげに笑い話をされる時、
笑うタイミングとツボの違いに当惑することは珍しくありません。


にこやかに話をされているのを見ると、こちらも気分は良いのですが、
腹の底から笑えないと、「あぁ、自分はまだ若いんだ」とか思ったりします。


そう思うと、最近のテレビ番組のお笑いレベルが低くなってきたと感じるのは、
僕が年を取ってしまったからか・・・?
10代の子達のウケる話についていけないのは、
そのせいなのか・・・?
かといって、迎合するかのように若ぶって
「それ、めちゃウケるぅ~!きゃははは♪」と、笑えるもんでもありません。
というか、わろてる自分はきしょいです。


毎日、笑えてますか?




いつもありがとうございます。

※最近、ホームページちょこちょこ再構築、更新してます。


<おまけ挿絵集>

(朝夕の身長の違いについて)
090303_1845~01

(ビール腹について)
090306_0933~01

(のど仏の呼び名の違いについて)
090311_1001~01

(のどちんこの役割について)
090312_0937~01

(こぶについて)
090316_0942~01

(雷が鳴ると何故へそを隠すのか?)
090317_0959~01

(やけどの九九の法則について)
090321_1924~01

(へそについて)
090321_0919~01
スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。