くずゆにっき
★整体師のブログ★
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
 
2009/05/11 [Mon] 13:50:55 » E d i t

最近、人の縁の大切さを改めて実感しています。


あなたは、あなたの周りの誰かや、友人知人が弱っている時、
実際、何か行動を起こして、手を差し伸べたことはありますか?

一概に弱っているといっても、状況は色々あると思いますが、
何か辛い状況であると察した時、
遠くから声をかけることはしても、その人のために自分の時間を割いてまで動く
というのは、実際問題、やれているでしょうか?


かつて、僕は自分のことばかり考えて過ごしていた時期がありました。
幸せも苦しみも自分中心でした。
困難に見舞われた時、助けてくれなかった人を恨めしく思いました。
今思えば、それは逆恨みのようなものです。
自分はその人のために、動いたことがなかったから。


人はいつも何かと天秤にかけている。


「忙しいから」と、かこつけて断ったり、
損得感情で人を選んだりもする。


忙しいという理由で、その人のために何もしてあげなかった場合、
多分、自分が困った時、同じ理由で助けを得られないと思います。


忙しい、と言う時は、文字どおり心を亡くしている。
そういう状態なのだから、お願いされても断ったり、
時に、他人を切ったりもできるのだろう。



タレントのベッキーが言ってました。

『忙しい、疲れたは言わない・・・
「忙しい」は心を亡くすと書くから、
「疲れた」はせっかく戴いている仕事に失礼だから』と。


まったく、そのとおりですよねぇ。
こういうの聞くと、心の清らかさや悟る時期って、
年齢は関係ないですね。




ここでも何度かご紹介させて頂いている
自転車屋リビージャパン(http://www.libby.jp/)の川越店長と
最近、すごく仲良くさせて頂いているのですが、
彼の話や仕事に対する姿勢、人への接し方等、学ぶことがたくさんあります。
非売品グッズ、サラシア茶、トン足、パイナップルご飯と、
頂いた物もたくさんあります。
感謝の限りです。


出会いや縁というのは、
その時時の自分に必要な存在だから、
また、ご先祖様(かどうかは分かりません)が、
何か気付かせようとして、導いてくれている気がしてなりません。


なのに、墓参りに行ったことがない僕・・・
だって、墓がないんだぼの・・・
墓がないって、どういうことなん?て思います?
母親いわく、人間の骨で作られた大仏があって、
大仏の一部になっているらしいです。

というわけで、毎朝毎晩、お礼の念だけは送っています。


最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。