くずゆにっき
★整体師のブログ★
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
父親像 
2009/06/24 [Wed] 01:34:22 » E d i t

当院に、時々、立ち寄ってくれるK少年↓
090623_1518~01

若干14歳ながら、身長が既に175cmにさしかかろうとしている、
憎たらしいほどの成長ぶり(あと4cmでいい。俺にもくれ!)
今どき、珍しく素直でいい子なんですよ。

サッカーや学校での話を聞いたりなんかしていると、
自分の学生時代を思い出して、新鮮な気持ちになります。


今月、誕生日だった彼は、前から整体の「もみほぐしコース」を受けたかったみたいで、
(誕生日の方は、特典として誕生月は10分延長か1000円割引になります)
一緒に来院していたお母さんにおねだりしていました。

「今月の小遣いいらないから、もみほぐしコースやってもいい?誕生日だから2000円になるんだよ」
「お父さんがいいって言ったらね」


そんな会話を交わして、二人が帰ってから数分後、
彼だけ再度やって来ました。

「これで、もみほぐしコースお願いします!」


正直、僕は感動しました。
なけなしの自分の小遣いをはたいてまで、受けたいと思ってくれたことに。
中学生、2000円あれば、吉牛何杯食えますか・・・
(僕は、貧乏時代に散々食べていたせいか、何かというと吉野家の牛丼で換算してしまうのです)

そして、もう一つ、密かに感動していたことがあります。
それはお母さんの

「お父さんがいいって言ったらね」という言葉。


お父さんの威厳や立場が失われつつある今の世の中で、
このセリフをお母さんが子供の前で言う、
これは非常に意味を成すことであります。
家族の統制を図る上で、
やっぱり父親は崇められるべき存在でなければならないと
切に思うのです。


僕らの子供の頃は、父親というのは最高権力者であり、
大事に関することは何でも父親の了解を得なければならなかった。
何か悪さをした時に「お父さんに言うよ!」の一言で
凍りつき、萎縮したものでした。

恐怖を与えろというわけではなく、
リーダー的な存在、それが父親であってほしいのです。

現代は、男女平等の意味を履き違えていると思いますが、
どうでしょうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。