くずゆにっき
★整体師のブログ★
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
悪い洗脳 
2009/07/01 [Wed] 01:52:35 » E d i t
仕事柄、毎日のようにお年寄りと接している中、
痛切に感じていることがあります。

皆さん、口癖のように「もう年だからねぇ」「ダメだねぇ」と、
最後は諦めの言葉でしめくくるのです。

何年、何十年という自分自身へのすり込み、
それだけじゃない、周囲から「おばあちゃん、もう年だから」と
安易に言われ続けてきた結果、
完全に思い込んでいるわけです。

正確には思い込まされている、ということになるでしょう。

もちろん、人間誰しも年を取るのはあたりまえです。しかし、
「年だから」と口に出すと、それが強力な洗脳となり、あらゆる可能性が絶たれてしまう。
体の治癒の妨げにも、当然なりえるんです。


「お医者さんから、年だからしょうがないよと言われてね…」とか、よく聞くんですが、
僕は非常に腹が立ちます。
全ての医者がそうではないにしても、年のせいにしてしまったら、
医者自身の力量不足を露呈しているようなもんじゃないか、と思ってしまう。

そりゃ、実際、加齢のせいであることもありますよ。
でも、そう言われて、当院に来て、良くなった患者さんは、どう説明するんですか?
と、そのお医者さんに問いたい。


「ダメだ」という言葉も、
結局、他人の根拠のない断定的なマイナスの言葉によって、
口癖と化しているんでしょう。


悪い洗脳から目を覚まさせるべく、良くなる可能性はまだあることを
僕は真剣にお伝えするのですが、
如何せん、当院から一歩出れば、周囲や身内からの悪い洗脳が日々持続しているため、
堂々巡りの状態です。


正直、とてもはがゆい。


できることなら、家庭訪問とかして
「そういうこと言うなーー!」って注意しに行きたいぐらいですが、
そんなわけにもいかんし・・・。


どうか、悪影響を及ぼす言葉に、お年寄りをはじめ、
患者さんが侵されないよう祈るばかりです。


さて、気を取り直して・・・
恒例の<おまけコーナー~ホワイトボード挿絵集~>

(「ガス中毒の手当て」について)
090620_0029~01

(「ストレスがたまりやすい人」について)
090622_0106~01

(「ストレスをためない方法」について)
090622_1518~01

(「老化促進食品」について)
090623_1913~01

(「ウエストを細くする方法」について)
090625_2315~01

(「目の老化が一番早い」)
090628_1519~01

(「身体の悪い法則」について)
090629_1042~01

(「植物油の危険性」について)
090701_0153~01


最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。