くずゆにっき
★整体師のブログ★
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
睡眠薬、入眠剤に思う 
2009/07/06 [Mon] 14:03:03 » E d i t

いつもお読み頂きありがとうございます。


いつかのブログにも書いたかもしれませんが、
この仕事を始めてから、
睡眠薬、入眠剤を日常的に服用している方がいかに多いかを知りました。


僕もたまにですが、寝つきが悪い時があるので、眠れない辛さは分かっているつもりですが、
何年、何十年と眠剤をのみ続けている事実を聞くと、とてもやるせない気持ちになります。


身体的依存性がないといわれる薬も、
「飲まないと不安」だからと、結局は薬から離れられずにいる現実。


怖いのは、精神的な依存ではないでしょうか。


誘眠剤を毎晩のみ続けていて、なかなかやめられない方が、
当院の特殊電子療法にかかりながら、
「ここだとすぐ眠れるんだけどねぇ」とおっしゃられるのを聞くと、
嬉しい反面、薬の常習性の強さに閉口します。


もちろん、特殊電子療法により、みごと薬から卒業された方もおられますし、
元々、薬に頼っていなかった方であれば、電位治療のおかげで
夜ぐっすり眠れるようになった、という方は数多くいらっしゃいますが、
薬服用歴が長い方に関しては、いろんな意味で、それなりに時間を要するのも事実です。


薬の服用を徐々に1日おきにしていくとか、
今日は試しに半錠にしてみるとか、
寝る前に軽い足踏み運動をするとか、
思い切って起き上がって、下半身浴するとか
(足を温めることで眠くなります)、
以前、お話した爪もみをするとか、
サプリメント(アミノ酸のグリシン摂取)に変えてみるとか、
自律訓練法をやってみるとか、等々、、、

薬に頼らずとも、眠る方法は結構あるので、
その都度、患者さんに対してアドバイスはさせて頂いていますが、
やるかやらないかは、ご本人次第。


いやいや、しかし、、、
「眠る方法」て・・・


人間、本来、疲れたら、時間がきたら、
自然と眠くなるもんじゃないんでしょうか。


そんなことすら薬に頼らなければいけないなんて、
不眠症は、まさに現代社会が生み出した毒の象徴ですね。


元をたどれば、眠らない街が悪い!


深夜営業、深夜勤務を一斉にやめて、
夜は寝て朝は起きる!
この習慣を国が徹底させる仕組みを作ってくれたら、
生活習慣病ですら半減するのではないかと信じています。
その分、国の経済が危うくなるかもしれないけど。


お金をとるか、
健康をとるか。
答えは簡単でしょ?


自分の身体を代償に頑張ったところで、
万が一のことがあったら、
誰が面倒見てくれますか。
誰に面倒見てもらうつもりですか。


頼るものは薬ではない。
それだけは確かだと思います。
スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。