くずゆにっき
★整体師のブログ★
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/08/13 [Thu] 01:37:58 » E d i t

いつもお読み頂きありがとうございます。


今まで一度もため息を吐いたことがない人はいないと思いますが、
知らず知らすのうちに吐いてしまうこの「ため息」、
実はかなりクセモノです。


個人的見解で恐縮でありますが、
「ため息」と、「疲れた」という言葉と、タバコの煙、
この3つを人から吐かれると、僕はこの上ないダメージを受けます。

おそらく、この3つは害の塊であり、だから人は溜め込めなくて自ずと吐いてしまう。
しかし、それを吸い込まされる関係のない人は、たまったものではありません。


試しに、上の3つを誰かに吐いてもらってみてください(笑)
少なからず、確実にテンションダウンして
精気が失われるのが分かると思います。


遡れば15年程前・・・
いろんなことが上手くいかなかったあの頃、
僕は職場の先輩にこう注意されたことがありました。


「ねぇ、そのハ~ってため息吐くのやめてくれる?こっちまでしんどくなってくるんだよ」


無意識のうちにやっていたんですねぇ。
指摘されてハッとしましたが、それ以上に
周りの人にまで嫌な思いをさせていた事実に
とてもショックを受けたのを憶えています。


同じように、日常、安易に言ってしまいがちな「疲れた」という言葉。
ここに宿る負の言霊パワーには物凄い威力があり、
聞いてる他人をも巻き込んで同時に疲れさせます。


余計なお世話ですが、
仕事に明け暮れ、疲労困憊した夫の「はぁ~、疲れた」を日常的に
聞かされている世の奥様方の精神状態はどんなだろう、と
ちょっと心配になりました。


ため息に関する余談です。
日本メンタルヘルス協会の衛藤先生が、アメリカの大学で心理学を学んでいる時のこと。
その大学には「鬱になる方法」を考え出した先生がいたそうです。

その先生は、
「鬱になったこともない私が鬱の人の気持ちが分かるわけがない」と、
試行錯誤の研究の末、簡単に鬱になる方法を見つけ出しました。


その方法とは・・・「1日1000回ため息を吐くこと」


これを3ヶ月も実践すれば、どんな人でも確実に鬱になるそうです。
開発した先生も実践した結果、見事に鬱になり、
鬱が治っていくプロセスで博士号を取ったとのこと。


ため息の威力って恐ろしいですよ。


結局のところ、
負の言葉にしても、邪息にしても、タバコの煙にしても、
自分が楽になるために吐き出している間、
周りに居合わせている人が嫌な思いをしている。


だから、どうしても吐き出したい時は、
誰もいない所でひっそりと。


伝染させてはいかんのです。
スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。