くずゆにっき
★整体師のブログ★
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
私は麻薬中毒でした 
2009/09/19 [Sat] 01:11:57 » E d i t
酒井法子の麻薬事件から
マスコミはゴシップばかりで、
あなたもうんざりしている側ではないでしょうか?


というわけで、今日は、敢えて麻薬の恐ろしさを取り上げて
お話しようと思います。


ストレートに申し上げます。


ちょっと前まで、僕は麻薬中毒でした。


「へ?何を言ってるの?」


ですよね。。。


あなたも麻薬に侵されている可能性大です。


「なぬぅ~!?どゆこと??」


でしょうね(^^;)


では、順を追ってお話していきましょう。


ある日を境に僕は徐々に痩せていきました。
体はたいしてしんどくはなかったのですが、
自分の痩せこけた見栄えがイヤで、
太るために甘い物に手を出し始めました。

菓子パン、和菓子、洋菓子、アイスクリームetc...

元々、甘党なのですが、太らない体質なもんですから、
少々食べたところで体重にはなかなか反映されない。
しかし、一旦、甘い物を食べる習慣がつくと、太る太らないなど関係なくなり、
不思議と甘い物を欲して、どうしようもなくなる。

そして、食べると幸せな気分になる。

そのうち、美味しそうに盛られたデザートの洋菓子を見るだけで、
気持ちが高揚する。

実際、砂糖がたっぷり含まれている甘い物を食べると、
脳がリラックスして、快感ホルモンであるエンドルフィンが出ます。
「甘い物は別腹」という謂われも、
おそらく、砂糖によって「脳がラリっている」状態なのでしょう。


ここまでお話すれば、もうお気づきになられたかと思います。


そう。
砂糖は麻薬と似たような作用があるんです。
事実、「砂糖は白い麻薬」と考える学者もいます。

世の中は減塩、減塩と盛んにいわれていますが、
調べれば調べる程、砂糖の害はその比ではないことが分かりました。
それなのに、その有害性が世に浸透していないことに、
僕は言い知れぬ恐怖を覚えました。


基本的に精製された白い食品(牛乳、卵、白いパン等)は体に良くないといわれています。
とりわけ、白砂糖はミネラル分が皆無な上に、
摂取すると、体内のミネラル、特にカルシウムやビタミンB群を代謝の過程で奪ってしまうという
とんでもないシロモノなのです。

甘い物のせいで虫歯になると思っている人も多いと思うのですが、
甘い物が歯を溶かすのではなく、甘い物がカルシウムを奪ってしまうから、
歯が脆くなっていくんです。
それによって、通常ならやられないはずの虫歯菌にやられてしまい
虫歯になってしまう。


生前、甘い物をよく食べていた人の骨って、
火葬したら砂のようにボソボソになって拾えないらしいですよ。。。
恐ろしいですね。
それだけ、砂糖のせいでカルシウムが消耗されていた、ということです。


まだまだあります。
砂糖を過剰に摂っていると、肩がコリやすくなります。
性格もヒステリックになり(カルシウムが奪われている原因もあります)
イライラ、クヨクヨしやすくなり、
冬はやたら寒がりになり、夏はやたら暑がりになる。
これは、砂糖のせいで肝臓が痛めつけられているせいだとも言われています。
肝臓が弱ってくると慢性肩こりとなり、
感情の浮き沈みが激しくなる。
そんなの想像つきました?


おまけに、砂糖は体を冷やします。
冷え性の人は、まず糖分の摂りすぎを見直してみてください。

極めつけは、砂糖は血管を著しく老化させます。
動脈硬化の進行を早めるのです。


白砂糖の精製工程って知ってますか?
様々な化学薬品を使い、とことんまで精製化され、
漂白するために塩酸や無機酸が使われるんですよ。
ですから、結晶化された白砂糖は、もはや自然界には存在しえない食品添加物であり、
化学薬品ともいえます。

だから、いつまで放置しておいても腐らないし、
防腐剤がわりに使われたりもするんです。
そんなんを体内に入れて、おかしくならないわけがない。


「じゃあ、白砂糖以外はどうなの?」


という質問が飛んできそうですが、
残念ながら、怖いのは白砂糖だけではなく、三温糖、ザラメ、果糖など、
程度の差こそあれ、ほとんど同じ作用、有害性を持っています。
不自然に作られた今流行のオリゴ糖も同じ作用をします。


「え~、じゃあ甘味なしで食べろっちゅーの?」


そうですよねぇ。
甘味料は全く使わなくても、
甘くて美味しい料理やお菓子を作ることは可能なようですが、
料理が得意な人ならまだしも、
僕みたいに一人暮らしで、自炊できない環境下であれば、
なかなかすぐには実行できないですよね。


というわけで、
どうしても甘味を足したい場合は、良質なホンモノの黒砂糖かハチミツ、もしくは
てんさい糖、メープルシロップ(偽者が多いのでご注意を)、米飴は、
時々なら良いらしいです。

やはり、時々でないと、甘味料は麻薬性があって止められなくなります。
合成甘味料中毒になるともっと大変です。
チョコレート依存症と言う疾患もあるぐらいですから。


いずれにしても、自炊しないと、
まともな食事はもはやできないと言っても過言ではありません。
世に出回っている出来合いの食品の大半はアウトですから。
困ったもんじゃぁ・・・。


そうそう。
カルシウム不足の人は、サプリメントに頼る前に、
まず、砂糖を控えるだけでグンと良くなると思います。
現代栄養学は、足りないものを補充するという考え方が基本にありますが、
それが大きな落とし穴なのです。


「摂る前に出す」「プラスよりマイナスする」ということを
認識することが重要です。


今、甘い物は控えるよう頑張ってます。
おかげで、食べなかった翌日から妙な疲労感がなくなり
調子を取り戻せました。


砂糖ネタ、まだあるんですが、長くなったので
今日はこの辺で・・・


<まとめ>
食べている時は幸せな気分にさせるけど、
肉体や脳をどんどん蝕み、ボロボロにしていく砂糖。
麻薬中毒と何ら変わりない症状に
寒気すら感じます。



最後までお読み頂きありがとうございました!
連休中も休まず営業します。
スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。