くずゆにっき
★整体師のブログ★
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
減塩すると早死にする 
2010/01/29 [Fri] 09:57:45 » E d i t

いつもお読みいただきありがとうございます。

今日のテーマは「塩分」です。

今や「塩」というと高血圧を招くイメージが
定着しています。

健康のためにも減塩の味噌や
しょうゆ、梅干などを
あなたも選んだりしていませんか?

僕も以前は、そういう世の風潮に流されて、
自然と減塩ものを選んでました。

別に高血圧でもないのに
健康のためには、そのほうがええやろと
思い込んでたわけです。

高血圧を引きこす原因といえば、
疲労過労の蓄積、肥満、ストレス、喫煙、
遺伝体質などいろいろあるんですが、

なぜか塩分だけが目のかたきにされて、
控えることが第一条件みたいになってます。

でも、知ってますか?

塩分の摂り過ぎで血圧が高くなるのは
高血圧の人の数%に過ぎない
といわれてるんですよ。

塩分の摂り過ぎは良くないという
常識があまりにも定着しすぎたために、

塩分量に神経質になりすぎている人が
多すぎます。

そんな人達の誤解を解くために、今回
塩分を控えめにしすぎるとどうなるか、
まとめてみました。


1.胃酸の酸度が減り、胃の働きが弱くなる。
  (胃酸は塩酸でできているため
   材料である塩が必要ということである)
  
  すると、胃がんや胃潰瘍の原因となるピロリ菌が
  「わーいわーい、いごこち良くなってきたで~!」
  と、よろこぶ環境になる。

2.砂糖がほしくなる。
  進行すると砂糖づけの食生活になる。

3.寿命をちぢめる。


2について補足説明いたしますと、

食品に細菌が繁殖しないように
塩漬け、砂糖漬けにしたりするでしょ?

体もこれと同じで、
汗をかいたら塩分も一緒に流れ出てしまうんで、
体の中にバイキンがわいてきます。

だから、塩漬けしないといけません。

なのに塩分をとらないでいると、
今度はかわりに砂糖がほしくなります。

お腹がすいてどうしようもなかったのに、
食べるタイミングをのがして、
しばらくすると空腹感がおさまった経験
ないですか?

あれ、なんでや?って思いません?

空腹を感じる時って、
実は、お腹の中が空っぽになったからじゃなくて、
血糖値で判断してるんですよ。

血糖値が下がってくると
腹がへったと思うわけです。

でも、そんな時に食べ物を
摂取できなかった場合、
助け舟を出してくれるのが肝臓です。

危機を感じた肝臓は、
なんと血液にブドウ糖を送り込んで
血糖値を上げてくれるんです。

がしかし!
塩をとっていないと・・・

肝臓はブドウ糖をつくれないのです。
(結果、甘いものに手を出すハメになり
 どつぼにハマる)

塩がいかに大切か
少しお分かりいただけましたか?

3の「寿命をちぢめる」に関して、
裏づけになるデータがあります。

アメリカの学者が
食塩摂取量と死亡率の関係について
国民栄養調査を行いました。

27~75歳までの20万7729人の
栄養調査と医学的調査を行った結果、

食塩摂取量が少ないグループほど
死亡率が高いことが判明しています。

全死亡率だけでなく、
心・血管系による死亡率でも、

食塩摂取量が少ないグループの
ほうが死亡率が高かったことが
明らかにされています。

「なんや、ほんならこれから
塩はバンバンとってええのか?」

という気持ちがわいてきそうですが、
健康のためと無駄に減塩する必要はない!
と断言はできます。

厳密にいうと、天然塩のような上質の塩なら
適量とる分には心配いりません。

厚労省では1日10g未満を目安としてますが、
そんなの守ってたら、逆に健康によくない。

ふつうの人なら
1日20gを超えなければ大丈夫です。

天然塩にはマグネシウムやカルシウムなどの
たくさんの種類のミネラルが含まれています。

不整脈を安定させる作用もあり、
血圧の調整や血糖値のバランスを保つために
欠かせないものだと、

自然塩の研究者であるイラン人医師が
報告しています。

ただし、精製塩はダメです。
ミネラルがほとんどない
99%以上の塩化ナトリウムだからです。

つまり「塩化ナトリウム」だけでは
問題があるということです。

前も言いましたが、
精製された白い食品は

もはや化学物質といっても
過言ではありません。

そういう意味では、
塩だけをやり玉に挙げるのは
お門違いだと思います。

むしろ、以前さんざんとりあげた
砂糖の害のほうが、よほど深刻ですよ。

無糖とかを選ぶ時って、単に
カロリーを気にしてのことじゃないですか?

減塩選ぶのと意味合いが違いますよね。

高血圧症の人は
塩分にばかりとらわれないで
ほしいと思います。

半日断食の玄米菜食で
高血圧が治った事例は
数知れません。

降圧薬を何十年も飲み続けている人が
当院にもたくさんいらっしゃいますが、

やはり、長年服用している薬を
やめるというのはすごく勇気がいるようで、
ある種の薬物依存症です。

当然、患者の判断で勝手に
服用を中断するのはいけませんが、

高血圧というのは、本来自分で治せる病気だし、
数値を聞くかぎり、
そもそも薬を処方される必要があったのかすら
疑問である患者さんが非常に多く、

飲む必要のない薬を
毎日毎日のんでいる現実に、
僕は胸を痛めずにはいられません。

どうか、少しずつ減らしていく
勇気をもってほしい、
そして、自己治癒力を信じてほしい、
そう強く思います。

そもそも血圧というのは、
年齢とともに徐々に高くなるもんです。

高くなるのは、高くする必要があると
体が判断してのことなのですから。
(急激に上がった場合は別として)

それを基準値を超えたから
はい、今日から高血圧の仲間入り、
降圧薬飲みましょうね、

と、やみくもに薬で下げるのは
いかがなものでしょうか。

患者さんは患者さんで、
降圧薬は一生飲み続けないと
いけないと思い込んでいて、
(医者もそう言うし)

何の疑いもなく医者に言われるがまま
何年も黙って飲んでいる、、、
恐ろしい話です。

わたくし事で恐縮ですが、
先日、事故で肋骨と側頭部を強打して
整形外科に行きました。
(目的はレントゲン)

「消炎鎮痛剤出しときますね」

と、あたりまえのように
薬を出されようとしたので、
僕はすかさず断わりました。

治るスピードが速まるわけじゃないし、
痛み止めをのんだところで、
動けば痛むのを知ってたからです。

そんなもんより、
はるかに効くサプリがあるのになぁ。。。

みなさん、
お医者さんの財布を潤わす「いいカモ」に
ならないように、知識をつけて
予防に励みましょうねー!

----------------------------------------------------

何か具体的に聞きたい質問や不安、
困っていること等がありましたら
ご連絡ください。

fsupporth@gmail.com

返信に時間がかかることもありますが、
できる限り答えさせていただきます。

掲載させていただく場合もありますので、
掲載不可の場合はその旨を明記してください。

内容の最後に都道府県名とお名前(もしくはペンネーム)
を忘れずにお願いいたします。

メールは直接僕のもとに届きますのでご安心ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、アメリカ在住の読者さまから
メールをいただきました。
ありがとうございます。

遠く海外でもこのメルマガが
読まれていることに感激しました。

今さらながらインターネットって
すごいな~。

人気ブログランキングへ
banner_22.gif
スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。