くずゆにっき
★整体師のブログ★
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
怒っています 
2010/04/03 [Sat] 08:17:50 » E d i t
いつもお読みいただきありがとうございます。

いきなりすいません、
前回予告した腸の病気の話なんですが、
今回も、ちと延期ということで・・・

今日は「薬の副作用」これについて
一石投じさせてください。

あなたは、どっか体調がおかしい
と思ったら、すぐに薬をのみますか?

僕は余程のことがない限り、
薬に頼ることはありません。

でも、昔は頭痛持ちで、
毎月カゼをひくような
抵抗力のない人間でしたから、
しょっちゅう薬の世話になっていました。

用心のために、
鎮痛剤は常に持ち歩いてました。

今思えば、浅はかだったなと
反省しています。

まぁ、当時は薬の危険性など
何も知らなかったわけですから、
しょうがないですが。

それに僕は、、

というか僕らは、

常にテレビCM等に影響され、
世の中の根拠のない常識を
信じ込んでいるせいで
正しい情報がなかなか耳に入ってこない。

例えば、薬のCMで
「かかったかな、と思ったら○○○」

ていうの、いまだに頭に
焼きついてますからね。

ちょっと風邪っぽいなと思ったら
「やばい、のんどかなきゃ」
って、当然のように飲んでたし、

早めにのんでおけば、
こじらせないですむと
信じていた。

でも実際は、かぜ薬なんて
予防にもならなければ、
風邪を治す作用もない。

のんだところで、
治る期間が早まるわけでもない。

むしろ、ウィルスが体内に
居残る期間が長くなると
いわれています。

熱、鼻水、くしゃみ、せき等の症状は、
体内に侵入した異物や菌やウィルスを
退治するための、

人間の優れた治癒機能によるものです。

せっかく体がウィルスを死滅させようと
熱を上げてくれたり、

せきや鼻水で外に吐き出そうと
しているのに、
それを阻止するのがかぜ薬の役割。

だから、薬の解熱効果で熱が下がると、
ウィルス達は

「やったぜ、また居心地が
よくなってきたぞ、フヘヘヘ」

と潜伏しよるわけです。

薬が効いて熱が下がっても、
油断すると、またぶり返したりすることが
あるじゃないですか?

症状がラクになるから、
「おぉ~、薬のおかげで治った!」
と思いがちですが、

なんのことはない、
我々が持っている「治る力」を
邪魔しているにすぎません。

薬を飲もうが、飲むまいが、
結局は、かぜを治しているのは、
我々の自然治癒力です。

それが分かってから、
僕はかぜ薬を一切
のまなくなりました。
(めったにかぜはひきませんが)

恐ろしいことに、
かぜ薬をのみ続けたせいで、
膠原病にかかったという話も聞きます。

もちろん、かぜ薬に限らず
医薬品には必ずリスクがともないます。

リスクとは、言わずもがな“副作用”

(クスリを反対から読むと、、、
リスク・・・皮肉なもんですね)

「副作用のない薬なんてない。申し訳ないが、
副作用は薬をのんでみないと分からない」

これがお医者さんの言い分です。

「症状はやわらぐ可能性はあるが、
代わりにどこか悪くなるかもしれない、
あなたの体で実験してくれ」

ってことですよ?
無責任すぎやしませんか。

以前も言いましたが、
そもそも薬は「毒をもって毒を制す」
という考え方で作られています。

なんせ薬(漢方以外)の原料は
石油ですからね。

石油でできているものを
長期間のみ続けて、
体がおかしくならないわけがない。

にもかかわらず、何年も
同じ薬を服用している人が
どれだけ多いことか!

お医者さんに出されるがまま
何の薬かも知らずに、

素直にのみ続けている人
(特に中高年以上の方)が実に多い。

僕は正直、あきれ返っています。

だって、考えてもみてください。
自分の体内に入るものですよ?

それを他人に言われるがまま、
どんな薬かも把握しないで飲むなんて、
恐ろしくできません。

いくら専門家とはいえ、
相手は毎日大勢の患者さんを相手に、
わずか3分程度しか接触しない人です。

薬は見当つけて出されて、
はずれることもあたりまえのようにある。

だから、良くならなかったら、
「じゃあ、今度は違う薬出してみましょう」
となる。

よくそんな気軽に言えるなと、
憤慨してもいいはずなんです。

はずれて効かなかった、
というだけならまだいいですが、

薬があわなくて逆に悪くなったり、
副作用に苦しんでいる人が
たくさんいるんですよ。

言っておきますが、
全種類の薬と副作用を把握している
お医者さんなどいません。

自分の体を薬や他人に
まかせっきりでいいのでしょうか?

仮に薬のせいであなたが
死んだとしても、
誰も責任を取ってはくれないのです。
(責任も何も死んだらおしまいですが)

アメリカでは毎年、薬の副作用で
約10万人が亡くなり、
200万人が入院しているという
データがあります。

また、医療費の総額の約10%が
副作用の治療であるとのこと。

これ、とんでもない確率ですよ。

日本なら、
総医療費が約35兆円として、
その10%だから、、3兆円強ですよ!

実に3兆円以上のお金が
薬の副作用治療のために
費やされている計算です。

なんちゅう無駄遣い・・・。

ここまできたらもう
医療産業と呼ぶべきですね。
患者は“金づる”だ。

しかし、病院ばかりを責めても
いられない事実が他にあることを、
伝えておかねばなりません。

自分たちの首をしめているのは、
何を隠そう、我々自身なのです。

日本の医療費を食いつぶしているのは
どういう人達だと思いますか?

それは、自分で治せる病気にもかかわらず、
病院や薬に頼りっぱなしで、
自ら治癒させることを放棄した患者です。

嘆かわしいことに、
そういう患者さんは
日々増え続けています。

なぜでしょうか。

理由を3つあげてみます。

1.医療費が安い
2.病院や薬への過信
3.健康や食に対する誤認識

一番の元凶は、やはり
医療費が安いことでしょう。

保険制度そのものを否定するつもりは
ありませんが、

自己負担額が1割、3割
というのは、あまりに安すぎる。

仮に、6~7割負担だったら、
あなたならどうしますか?

「どうするて・・・ふつうに
治療費が高いのはイヤだ、困る!」

と、まず感情的に思うでしょうが、
病気にさえならなければ
別に何も困らんわけです。

で、病院代がそんなにかかったら、
おちおち病気になんて
なってられませんから、

みんな真剣に予防に
取り組むと思うんですよね。

金がかかるとなると、
誰しも必死になります。

自己負担額が安すぎるから、
予防に対して本気にならないんです。

ただし、すべての病気に対して
6~7割負担にするのではなく、

重篤な病気(ガンなど)や
事故でケガを負った場合には、
負担額を1割とか安くすればいいんです。

医者にかかってもかからなくても
治るであろう患者さんや、

談話目的に来られている
お年寄でごった返している
病院の現状を考えると、

それらの人たちの存在は、
重病の患者さんにとっては致命的であり、
助かる命が助からない場合もある。

病院とは、
「医者にかからないと治せない患者の集まる所」
にならないといけない。

そうなることで、
お医者さんの意識や覚悟も
変わるだろうし、

薄利多売と化してしまっている
病院の経営方針も見直されると
思うんです。

とにかく、医者も患者も
安易に薬に頼るのはやめてほしい。

薬代がでかい収入源である
お医者さんからすれば、
無理なお願いかもしれません。

ドラッグ中毒となってしまった患者さんは、
ほっといても、自動的に、定期的に、
そして一生、通院しに来ますから、

病院経営者にとって、
こんなにありがたく
オイシイ顧客はいませんからね。

でも、考えてください。

そんな患者を日々つくり出すなんて、
何のための医者なんですか。

医者の仕事って、
そんなんちゃいますよね!?

薬がないと、まともに生活できない体に
なってしまった人間の苦しみを
あなたは知っているのですか?
と僕は声を大にして問いつめたい。

薬の副作用に苦しむ患者が
世の中にはたくさんいるんです。

悲しいかな、僕の母親も
被害者の1人であったことを最近知り、

今回、怒りに打ち震えているのです。

(次回につづく)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高血圧、高脂血症、糖尿病、
肥満、痛風、便秘症、腰痛、
不眠、自律神経失調症…etc

これらの病気のほとんどは、
自分の努力で治せます。
スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。