くずゆにっき
★整体師のブログ★
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/06/24 [Tue] 00:45:06 » E d i t
牛乳が人の体によくない飲み物だって知ってました?


健康飲料の一つとして長い間認められて牛乳ですが、今はその地位が危ぶまれています。


本来、牛乳は人の体に適していないのです。
特に日本人の場合、乳糖と呼ばれる牛乳に含まれる成分に耐性ができていないことが
ほとんどで、飲むとお腹をこわす人が多いのも、このせいです。
(僕も飲むと必ず下します。不思議なことに、子供の頃は全然平気で、1日牛乳びんを8本平らげていました。成人してからでしょうか、下痢するようになったのは。)


そもそも牛乳は子牛が飲むのに適したもので、牛乳に含まれるカルシウムは、
人にとっては吸収されにくいのが事実です。
人の体は、吸収されにくいカルシウムは体外に排出しようとします。


さらに牛乳には多量のリンが含まれるため、せっかく骨に蓄えたカルシウムが
リンと結合してリン酸カルシウムとなって体外に溶け出してしまうことが報告されています。


つまり、飲めば飲む程、骨が細くなってしまう・・・わけです。


実際、昔から牛乳やチーズ、ヨーグルト等の乳製品を大量に摂る欧米の人達が
骨自体が細長く、骨粗しょう症や虫歯になる人口も日本人より多いことが
それを物語っています。


また、牛乳は不飽和脂肪酸が多く、高カロリーで、飲む程太りやすい体を作る飲料のようです。


米国では、今では牛乳は不人気飲料となっており、健康と結びつける牛乳のCMは
一切禁止されているほどです。


結局、牛乳も「牛肉」などの肉を食べると、元気でスタミナもつき健康体になる、
という根拠のない商業目的に利用されてきただけ、という事実が怖いですね。


これを分かっている不特定の医師は「自ら飲まない、身内にも飲ませない」と言っているほどです。


結論としては、野菜、豆腐、魚をあわせた食べ物でカルシウムを摂取するのが
最適だと思います。
080528_0836~01


最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。