くずゆにっき
★整体師のブログ★
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
人間は習慣の動物 
2008/07/09 [Wed] 02:08:00 » E d i t
今日も患者さんから取れ立てのキュウリとナスを頂きました。
農家の方なので、いつもくれる野菜は新鮮です。
トマトや枝豆、どれもスーパーのとは比べ物にならないくらい美味しいんですよ。
野菜本来の味を味わえます。
なんてお礼を言っていいのやら・・・。っていっても、
「ありがとうございます」としか言えないんですけど、、、。
それ以上の言葉があればなぁ。


んー・・・。
言葉はくどくど言うもんじゃないな。
言えば言うほどうそ臭くなる時あるもんな。
やっぱり「ありがとう」以上の言葉はないから
別の形で感謝の気持ちを表す方がいいな。



そう、感謝。
何事も感謝の気持ちが大事だってことを、
年を重ねるに連れて、ようやく分かるようになってきました。




当院に来られている70代後半のTさんは、言葉数が少なく、
喜怒哀楽を表に出せない方。
口をついて出る言葉は、いつも悲観的です。。。


「長生きしたって、良いことなんてないんだから」


そう言われることも珍しくありません。


咄嗟に出た僕の答えは
「そんな事ないですよ!そんな風に思ったら人生つまらないじゃないですか」


それ以上は何も出て来ず、言葉に詰まりました。
例え悲観的でも、自分より何十年も長く生きていらっしゃる方が出した答えに
「そんな事ない」と言い切るには、自分はあまりに若輩すぎて説得力がない。



Tさんとは正反対の、85歳のMさんは、常に前向きの楽観主義者。
よく笑い、よく喋り、表情も豊かで、とてもお元気です。



Mさんが言うと説得力あるから、今度、他の患者さんがいる前で
語って下さい、とお願いすると
「ダメ。そういう人に言っても聞く耳持たないから。」
と諦め加減に、半ば突き放したような答えが返ってきました。



人間は習慣の動物だということを、その時、ふと感じました。
多かれ少なかれ、暗く沈んだ人生を60年70年と歩んできた人は、
負の考え方が根付いてしまっている。
習慣化しているんです。
もちろん、逆も然り。



TさんとMさんは陰と陽で両極端ですが、
お二人に共通していることは、頑固であること。
そこに僕が介入する余地はなく、
そうすることもベストだと思っていません。



上手くは言えませんが、
人生に関して、人に多くを語るよりも、
自分が今をどう生きているか、
そこに焦点を当てていれば、
自ずと人も変わってくるんじゃないかと
思います。


<おまけコーナー>

ニヤケ顔の正岡子規↓
080707_1927~01


いつもご覧いただきありがとうございます。




スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。