くずゆにっき
★整体師のブログ★
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/07/22 [Tue] 01:53:57 » E d i t
先日、特殊電子療法を週に3,4回のペースで受けられている女性の方が、
特にダイエットをやっているわけでもなく、生活スタイルや食事も変わっていないのに、
3kg痩せました!とのご報告がありました。


今まで、現実逃避で体重計に乗るのを極力避けていたらしいのですが、
ある日、何の気なしに計ってみたら体重が落ちていて、
「まさか、この電気がダイエット効果まであるとは思いませんでした」
とビックリされていました。


おそらく、新陳代謝が活発になって老廃物が出て、
体質改善された結果だと思われます。



ちなみに、ダイエットをもくろんでいる方は、まずは間食・夜食はやめることです。
間食の欲求はウソの食欲なので、惑わされないで下さい。


人間が空腹感を感じるのは、胃の中に物があるかないかではなく、
血糖値によって脳が判断しています。


血糖値が下がってくると空腹を感じます。
何も食べなければ、グリコーゲンが糖に変えられ消費されます。
グリコーゲンがなくなれば、脂肪が分解されて使われ、
再び血糖値が上昇し、空腹感はおさまります。


つまり、食と食の間にお腹が空いたからといって、おやつやジュースに手を出していたら、
蓄えられていた脂肪が分解される機会がなくなります。


痩せにくい肥満体質の人が、いつも傍にお菓子を置いていたり、飴を舐めたりしていると、
血糖値が下がった時に、すぐに糖分を補ってしまう形になり、
脂肪が使われることがありません。
つまり、一生太ったまま、という結果になります。


本気でダイエットを頑張りたいならば、間食・夜食を控えるのは基本です。
どうしても、食べたい時は、昼・夜の食事前に少しだけ、甘いものなら特に。
食前に食べれば、最初に血糖値が上がるので、
食事自体の量を減らすのに役立ちます。
食べすぎない自信があるなら、食後でもOKですよ。
080716_1024~01

いつもありがとうございます。



スポンサーサイト
未分類 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。